2013年05月13日

尻は手で洗う

 初めてインドへ来た方は戸惑うことでしょう。 トイレに紙がない、なんてことが現実に起こるからです。
原則、お尻は手で洗うことをお勧めいたします。その理由は、インドの辛いカレーやチキンなどを食べた後は、お尻もその辛さに悲鳴を上げるからです。 その辛さは紙で拭いたくらいでは取れません。 放っておくと痔になってしまうかも知れません。 ぜひ水で洗ってやってください。
 インドで下痢に悩まされた方も多くいると思います。 ここでも水でお尻を洗ってやることで肛門が痛くなりません。
 
また、お尻を水で洗ってやると、股間の汗や汚れも一緒に洗えるのでさっぱりした気持ちになります。 
では、どうやって、、ということになるでしょう。
 
 それはやって見せたり写真で紹介するわけには行きませんので、御自分でやり方を研究してみてください。

 
私は慣れるまでに、紙で拭いた後、お風呂場で水を流して洗いなおしていました。 今でもズボンや下着をつけていたままでは洗うことが出来ません。(衣類が濡れることを考えると脱いだほうが楽) 下半身すべて脱いでトイレに行きます。

 もちろん日本ではウオシュレットがあるのでまったく楽ですね。

注意点;インドのトイレには必ず、缶やプラスティックのジョッキが置かれています。そこへ水を入れて手に流しながら股間を洗うわけですが、その際、絶対にその容器には洗う側のてを触れてはなりません。 まして、汚れを落とした後にその手を容器にいれ、ぽちゃぽちゃと手を洗ってなどもってのほかです。 容器から水を掛け流してそこで洗います。なぜなら、次の人も使う容器なので、汚さないようにするためです。
 これは極論ですが、 そのジョッキで水を呑む人もいるかも知れません。 汚れが容器についたりしないように、水を呑む要領でお尻を洗ってください。 なお、インド人は、トイレでは用を足す以外にも、脚を洗ったり、顔を洗ったり手を洗ったりします。


 そして、バスルーム(トイレ)を使った後は、床や壁など汚れを洗い流して出てくる方もいます。(私もそうしてますが)。 彼らのトイレはこういった使い方をしていますので、みんなで使うことを考えながら試してみましょう。
posted by A.T.Sandars. at 16:55| Comment(0) | 初めてのインド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: