2013年02月24日

日本の経営方針はインドで通用するか?

 インドへ進出する日本企業の数は格段と増え続けている。
私はそんな企業の進出をお手伝いをさせてもらっている現場から見聞きしたことを書き記した。
5S運動という日本独特のシステムがある。あたかも5S運動さえすれば社員がまっすぐ育ち、工場は整理整頓されると信じてるきらいがある。
 ある工場の入り口に、5Sは利益の元、、なんて張り紙もあった。中国を中心としたアジア圏ではうまく機能していた5S運動だが、ここインドでは難しい環境におかれてる。
 カーストがいまだに根を張っているインドでは、職種によって身分が異なる。
たとえばレストランで食事をしたときにそれらは顕著に見られる。
 注文を取る人、料理を運んでくる人、食べ終わって食器を提げる係り、これらが別々な人間であることをあなたは気が付いただろうか? つまりここでは料理を下げ、テーブルをきれいに掃除をする人間が一番下の身分に該当する。
 そこで、経営者の貴方が、料理を運ぶ人と下げる人、注文を取る人を同じ人間にやらせようとする。
幾らインドでも人件費は無駄にはできない。合理化とは言わなくとも、少しでも無駄は無くしたいからだ。

 使い終わった皿を提げる人間に、料理をだす仕事もやらせることにする。 これは問題ない。 しかしその逆に、料理を出す担当者に皿を下げる作業もさせようとすれば問題が起こる。
つまり、身分の高い人間は身分の低い人の作業を拒否するということである。

 合理化のためにそういったインドの風習を無視し、社員に無理強いするのは、いじめであったりパワーハラとも言われかねない。

posted by A.T.Sandars. at 02:29| Comment(0) | 旅行

2012年01月31日

HeliSki

 今、インドの北端カシミール地方にある、GULMARG(グルマルグ)はスキー客でにぎわっていると友人からメールが届いた。

壮大なヒマラヤを背景にパウダースノウが人気の元である。
世界中からスキーヤー達が訪れるという。

山頂までヘリコプターが運んでくれるサービス「Heliski]という事業を彼は行ってる。
インドでは初の試みだから「見に来い」というのだ。

正直、スキーはもうだいぶやってないし、ヒマラヤを駆け下りるだけの技量も度胸もうせてしまっている。
大体、苗場スキー場でならした技量くらいでは、、それも何十年も昔の、、ヒマラヤは受け入れてくれないであろう。 いや絶対無理である。

だから、行きたいという気持ちの部分は、空からヒマラヤを撮影することである。
ヒマラヤの上を飛ぶだけでもすべる以上の快感が得られるであろう。

スノーボードで雪を舞い上げながら滑走する映像は日本人の方が撮影したものを送ってくれた。なんとしてでも来いというのである。

 小生を誘ってくれるが、一週間前に寒い日本を抜け出して来たものにとっては
なんともいえない気分である。 うれしくも有るし、いまさら、寒い所は、の気分でもある。

でも、滑らなくともヒマラヤの上を飛んでみたいものである。
Chanduヘリ.jpg
Chanduヘリ2.jpg
Chanduヘリ3.jpg
posted by A.T.Sandars. at 02:20| Comment(0) | 旅行

2012年01月27日

羽田からインドへ出発

DSCF3762.JPG 現在、東京⇒チェンナイ(南インド/旧マドラス)間の航空料金は、AirAsiaが最安値である。
東京⇒マレーシア経由⇒チェンナイ
東京⇒バンコク経由⇒チェンナイ
東京⇒香港経由⇒チェンナイ
東京⇒スリランカ経由⇒チェンナイ
東京⇒シンガポール経由⇒チェンナイ
東京⇒韓国経由⇒チェンナイ
東京⇒デリー(インド)経由⇒ムンバイ周り⇒チェンナイ
他にもあるだろうが、このように東京とチェンナイを直接結ぶ国際線はまだない。

その中で今マレーシア経由の格安航空便であるAirAsiaが一番安いと思われる。

東京⇒クアラルンプール 間 14000円(サーチャージなど全部含んでの価格)
クアラルンプール⇒チェンナイ間 10000円(同、運航日による格安日を選んだ場合)
したがって往復24000円X2 で 48000円でいける。

バッグ20Kg+手で持てるバッグ7Kg+PCなど+財布など小物バッグが荷物のときである。

もちろん、機内サービスはすべて有料である。
飴一つでない。 もちろん水も買わなくてはならない。

 しかし機内サービスが全くないわけではない。
小銭(マレーシア現金)さえ出せば、ご飯や飲み物も買う事ができる。免税品だって販売してる。

すでにこの航空会社は何度も使っているが、慣れてくれば便利なものである。
市内を走るバスやリムジンバス、長距離バスに載っていると考えれば何のことはない。

仮に、もう2万円出せば食事も酒も用意するといわれてもその気にならない。

ちなみにS航空会社などは、16万円(往復)するのだから、11万円分の酒や料理を期待できるのだろうか。 M航空でさえ8万円(同上)もする。

 最近、その会社からメールが送られてきた。7月シドニー行きのフライトが2540円(片道)有るが予約しないか、、というものである。 シンセン(中国)なら550円ほどで買える。いずれも基地局のマレーシア基点であるがそれでも安い。
 絶対買いなのだが、問題は7月のその日に乗れるかどうか予測が付かないことであるから、そう簡単には安いからと言って購入することができない。

 今後も期待できる格安航空である。皆さんも割り切って使ってみてはいかが?
それでは、AirAsiaの安い乗り方を書きましたので、覗いてみてください。

norikata.xls
 



posted by A.T.Sandars. at 23:32| Comment(0) | 旅行