2013年05月09日

新聞記事の違い

日本とインドの報道には大きな違いがある。その一つに、野生動物が起こす事件がかなりの割合で掲載される。
ヒョウに襲われた女性が助かったこと、象が井戸に落ちてしまいそれを助けている様子などが良く報道される。
時には動物園のライオンが増えすぎ、困った園側で、去勢手術を行ってる写真が載っていたりする。 
 人間の起こす事件には見るに耐えないものがある。それらの写真も無修正で載せることも日本の新聞との大きな違いである。
殺人、交通事故、サイクロンや洪水の被害状況など目を背けたくなるような写真も遠慮ない。 
 正直といえばその通りだが、インドで生活するにはそれらにも慣れる強さも必要、自分がそうならないためにも目を背けず、日ごろから学ぶことを推奨するが、いかがだろうか?
 

posted by A.T.Sandars. at 10:41| Comment(0) | India Today

2012年02月25日

日本企業はインドで勝てるか?

コピー 〜 DSCF0116.JPGチェンナイの旧市街区に、秋葉原と同じような場所がある。久しぶりに訪れたそこでは格安な中国や韓国製の製品が山と積まれて販売されていた。 DVDプレイヤー(5.1、MP3、MP4、、)は1050Rs(1575円)韓国製の携帯電話750Rs(1125円)から、、いずれも為替1.5円/Rsで計算したものだが、、それも保証が付いてる。 まあ、品質がよくないと言って切り捨ててしまえばそれで終わりだが、各家にとっては一台あればよいものだから、その場所をオセロゲームのように一基に白く塗りつぶして行く光景は恐ろしい。 SONYなどの日本製はその4倍もするからである。 私がここを訪れたのは携帯の電池を買い換えるためである。ここならば電器部品はすべて見つかる。あちこち歩いてやっと見つけたという体験談にしたかったが、簡単に見つかってしまった。携帯電話の電池250Rs(375円)日本なら4000円もするだろう。NOKIAの携帯に互換性のある電池である。インド進出を考えてる企業はこういった場所もぜひ見ていただきたい。
posted by A.T.Sandars. at 22:00| Comment(2) | India Today

2012年01月31日

1月30日はリパブリックディ(ガンジーの亡くなった日)

 1948年1月30日 インドの独立運動の中心的人物 マハトマガンジーの暗殺されたこの日を記念しリパブリックディとして首都デリー初め国内のあらゆる箇所で盛大なパレードなどが催されました。

写真はシン首相と陸海空3軍の司令官達、
下は、首都ニューデリーの国会前の広場のパレードの様子

shingPM.JPGkoushin.JPG
posted by A.T.Sandars. at 01:55| Comment(0) | India Today