2013年05月12日

レイプ事件について

レイプ事件がインド発のニュースとして紙面をにぎわしているので一言書きたい。 

 まず、冒頭に、日本は特別な国だと認識してほしい。

インドでは、最近、女性が数人の若者に襲われレイプにあったり、そのまま殺されてしまう事件が増えているというがそうだろうか?
増えているのではなく、新聞沙汰になることが増えてきていると筆者は感じてる。
と、言うのも、インドという国は、性に関して解放的であるからだ。
 
 

こんな話がある。
ある政府機関が、若い女性にミシンを無償で配るということになった。
 そこへのこのこ出かけたある女性は、ミシンと引き換えに性交渉を求められたという。
私は断ったけど、一緒に居た子は、ミシンを持って帰ったよ、、。なんて平然として言うくらい開放的である。
 まあ、日本であれば大きなニュースであるがここではそんな風も吹かない。

 
こんな例も有る。
 盗みをした(疑われた)若者が交番へ連れて行かれた。
それを聞きつけた若妻が交番へいき、夫の無実を訴え釈放を嘆願したところ、交番内にいた警官数人にレイプされてしまった。
その結果、その被害者は自殺をしてしまう。 これも交番へ抗議をする民衆が押しかけて新聞沙汰となったが、そうでもなければ公表されない事件である。 なにしろ警察へ言うぞ、、なんて脅しが効かない、、警官の不祥事だからである。

 レイプはいたるところで起こっているし、起こりうると考えてよい。
インドは女性にとって安全ではないということを旅立ちの前に覚悟をしておいてほしい。


posted by A.T.Sandars. at 11:25| Comment(0) | 食事

ざくろは一年中売ってる


インドのざくろは、実がしまっている。ぎっしり詰まった実は甘くジューシーである。

DSCF4833.JPG


インドのざくろは実が詰まって入っており年間を通じてお店に並ぶ。
少し前に、ざくろジュースが日本で流行した際に、ひっそりとバッグの底に何個か忍ばせた旅行客がいたという。
この実をばらしてヨーグルトにトッピングすると、ルビーを配したケーキのように美しく輝く、
posted by A.T.Sandars. at 10:40| Comment(0) | 食事

2013年05月10日

好奇心は肥満と比例する

 
インドでの食事はダイエット向きと言ってもよい。もちろん自分にとってだが。  小生、団塊世代の糖尿予備軍、年齢も体形もそれなりの年代物である。 まあ好奇心だけは青年のまま引き継いている。  好奇心があるということは、おいしいものを探す嗅覚も持ち合わせているということもその一つである。 そんな中で痩せるということは好奇心さえ押さえ込むという非常に厳しい注文である。
 話をもどそう。 南インドでの食生活を3ヶ月ほど続けると3〜4Kgほど体重が落ちる。好奇心を満足させた上 血糖値も改善するし、血圧も落ち着く、つまり健康になるってことだ。 だがこうして改善された体も日本へ戻って3ヶ月もすると、ものの見事に戻ってしまうから困る。 何しろ日本の食事とくれば食材の種類も多く、どれを採ってもそれはそれはうまい。 また恵まれたインフラ環境では運動量も少ない。 つまり、太る原因は日本がいけないからだ、、ということにする。 だから、、というわけではないが、またインドへの出発の時期がきた。 腹や胸は風船みたいに肉と好奇心で丸く膨らんできているからだ。
posted by A.T.Sandars. at 00:51| Comment(0) | 健康